Cantalinne Stage1 Category2 フランス初戦🇫🇷

Cantalinne Stage1 Category2 フランス初戦🇫🇷

今回は、日本からフランスに到着して4日を挟んで行われたステージレース、Cantalinneステージ1のレースレポートです!!

 

 

総距離66Km,30rapのレース、このレースのコース特徴はとにかくアップダウンしかないという事、さらにそのアップダウンの一つ一つはそこまで大きくないものの、連続するコーナーに加え、道も全体的に細いのでかなりハードなレースとなりました。

 

 

今回はフランスに到着して4日というのと、レース開始が初めての夕方、初めてのフランスレースという事で、初めてだらけのバリバリの不安を抱えながら挑みました。

 

 

日本のレースでも狭いコースでは序盤にレースが決まってしまう事もあった為、スタート前から先頭付近に並びポジションを確保する事に成功。

 

 

 

全く理解することのできないフランス語で、レース出場メンバーの紹介がされていきました。ちなみに自分の名前は、もりさき ひでと ですが、紹介では、いでと もりざき になってました笑

 

 

 

そんな笑っていたのも束の間、リアルスタートが切られると早速のハイペース、一周も短いしそのうちに激しいアップダウンもあるので集団前方スタートをかなり活かす事が出来た。

 

 

しかし、そんな前で展開していてペースが落ち着くまで耐えていた所でトラブルが、、、、、

 

 

 

日本と違い計測タグをチェーンステイに付けるフランスでは、自分のフレームと相性が悪く、走っていた衝撃で動いてしまいホイールに絡まってしまった。

 

 

 

落車しないように止まって動かすもまた走り出すと絡まってしまう、オーマイ、、、、、

この時点で集団からはかなり遅れてしまっていた。

 

 

 

スタート地点に戻って来ると、チームアシスタントのクレマンがタイラップを切ってくれたので、センサーをポケットに入れて全力追走開始。

 

前から無限に選手が降って来るんじゃないかと思う程の人数をパス、何人抜かしたか分からないが、ノリに乗って抜かしまくっていると、、、

 

 

 

な、ん、と!!!!

 

 

 

先頭集団に復帰!!!!!!!!👏👏👏🎉🎉🎉

 

 

 

 

したは良いんだけど、10周回程使って全力追走したので既に足はパコパコ、流石に残り周回数が少ないのでアタック合戦に。

根性でついて行くも、パワーが必要な登りで掛かるわけも無く千切られてしまった、、、千切れてからも降って来る選手をパスしながらゴール、17位?でゴールした。

 

 

ほぼ最下位の位置から17番手まで上がっていたのにはびっくりしたけど、もし無駄足を使っていなかったらと思うととても悔しい結果となってしまった。

 

 

 

こんな感じで、追走でただキツかったレースとなってしまったフランス初戦ですが、普段と全く違う選手やコース、レースで常にワクワクは止まりませんせした!

こんな貴重な経験を積めた事は、自分にとって本当に大きな一歩を踏み出せたという事ではないかと、物凄く実感しています。

 

 

 

まだまだフランスのレースレポートは続くので、ぜひ見てくださいね!!

 

 

 

サポーター様

 

BRIDGESTONES

富士急行

DECOJA

ダラスヴィレッジ

日新火災海上保険株式会社

 

Non sponsor アフターウェア類,機材

 

adidas

salomon

Garmin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: 2019年10月7日hidetomorisaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です