2019 jbcf宇都宮ロードレース E1

2019 jbcf宇都宮ロードレース E1

こんにちは。

 

今回は栃木県宇都宮森林公園周辺で行われました、jbcf宇都宮ロードレース&宇都宮クリテリウムE1カテゴリーに参戦してきました。宇都宮ロードレース自体は二度目ですが、一度目の時とコースも違うのでしっかりとイメージトレーニングをしてレースに臨みました。

 

メンバーはトム、エンリック、自分の三人でチームからのオーダーは前々で展開する事。基本中の基本で自分は隙あらばアタックして逃げに乗っていこうと考えていた。

 

レースは夕方スタート、距離は40kmでとても短いのと一発の斜度はキツいが300m程で終わる登りがあるのが特徴だ。

レーススタート直後からアタックしていく選手がいるが、単騎なのと一発目立とうとしているアタックが混在していたのでスルー。ロードレースに強い平井選手などが乗った逃げにはチェックを入れた走りをしていると集団と差が開く。

 

自分が乗った事によりトムとエンリックは抑えに入ったのかなとか、自分が前から降って来てチームが不利にならないようになど色々と考えながら走った。がしかし思うようにペースが上がらず集団に吸収される。

 

もちろんカウンターでアタックがかかったけどトムとエンリックが反応していき、自分は後方に下がりすぎないように常に反応出来る位置をキープした。

 

結局何発かアタックがかかったところでエンリックの乗った先頭集団が出来る。人数は5名で平井選手も乗っていた。トムも集団の抑えに入ったので自分も前に出て蓋をしタイム差を開ける。

 

しかし後からの反省でこの場面では自分は失敗した事に気がついた。エンリックが5名の逃げに乗ったのは良かったがそこからの自分の動きが良くなかった。それはエンリックが逃げに乗った事で有利だと判断し、自らも前に乗る事を怠った事だ。

 

もちろん集団を引き連れて乗りにいくのはナンセンスだけど、自分には集団を離せるだけの加速があるにもかかわらず動かなかった。それは自分の今後の成長にも繋がらないし、次は絶対におかしてはならないミスだった。

 

結果的にエンリックが強かったから優勝は出来たものの、僕が乗っていればもっと戦略のパターンも広がったはず。

結局自分は最後のゴールスプリントだけ、、、先頭を取ったところでそれに大きな価値は無いと感じた。

 

レース距離も短かったため内容の薄いレースとなってしまったのは本当に反省、次は失敗を恐れずどんどんトライしていこうと思う。

 

 

 

宇都宮クリテリウムのレポートは別に書かさせて頂きますので是非ご覧ください。

 

 

 

投稿日: 2019年5月13日hidetomorisaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です