西日本チャレンジロード U-23 優勝

西日本チャレンジロード U-23 優勝

3月10日に行われた西日本チャレンジロードに出場してきました。

 

西日本チャレンジロードとは広島空港の外周にあるサイクリングロードを走るレースで、数少ない全日本選手権の出場権を年の一番始めに獲得出来る大会になります。

 

前日に同じカテゴリーを走る立命館大学自転車競技部の嶋田先輩に小牧まで迎えに来てもらい、大阪でバーローとオーマイをピックアップの流れでそのまま堺浜クリテへ。

 

仁義なきレースのサポートライダーとして走らさせて頂いてコンディションチェック、最初のポイントレースで半端無くキツく感じたので調子悪いのかと思いつつ頑張る。

 

結局1pointしか取れず。。。オールイス・アルベルト強すぎ!!

 

その後のTTTは調子が上がって来てラストスプリントで1位ゴール、助っ人チームメンバーもみんな上位ゴールで総合2位!頑張ってよかった。

 

終わって風呂入って即広島に向けて出発、19時30分に広島市に到着出来たのでお好み村へ。

店長おすすめのうどん入りお好み焼き、めっちゃ美味しかった!

 

ノムノムハウスで就寝(泊めてくださり本当にありがとうございました!)

 

 

5時に起床し会場に入り、9時50分にレーススタートなのでゆっくりスタンバイ。会場は土砂降りの雨で気持ちは萎えたけど音楽聞いてテンション上げ上げ!(ORENGE RANGEのキリキリマイ)

1時間前からウォーミングアップを開始、タモリさんがゼッケンやローラーセットなどやってくださったのでノンストレスでレースに臨めました。

 

レースメンバーは80人以上で最初の下りから落車が発生すると考え前方スタート、ローリングなしのリアルスタートなのでスタートからみんなフルもがき笑

 

後ろに取り残された人達がハイスピードで下ってくるのでやはり中程で落車発生、自分は前で回避できたので無事にこなせた。

 

下りで少し単独で飛び出たので三周逃げ切るペースで逃げるもコースの勝負所である三段坂で捕まってしまい、次の展開に備えることに。

 

ホームストレート手前の軽い登りでアタックは掛かるも勢いは無く勝手に吸収、2周回目になると他の選手の動きが激しくなってくる。

 

下り区間の少し長いストレートで有力な選手が5人程のパックで飛び出して居る。

 

後ろの集団の選手は容認したい感じだったけどあの逃げを普通に行かせるのはあり得ないので自分でチェック、すると後ろの選手もそのままついて着てしまいまた振り出しに。

 

だらだらした展開が嫌だったので三段坂の一段目の一番下からアタック、完全に逃げを決めきりたかったので800w程で踏んでいく。

 

そのアタックには反応する選手はいても着いてくる選手はおんちゃんのみ、ただ2人で行こうにもローテーションのスピードが上がらない。

 

三段目の中間でパラパラ追いつかれたがその時点で集団は20人居ない程に。その中でも回せる選手はほとんど居なさそうだったので一番後ろまで下がり残ったメンバーをチェック。

嶋田先輩やおんちゃん、バーローといった有力選手は余裕で残ってそうな感じ。このメンバーに対してどういった作戦で勝負しにいこうかずっと考えていた。

 

下り区間に入ると一人単独で飛び出していくが、そもそも三段坂まで逃げたとしてもあの坂を踏み切る脚は無いと考えていつでも捕まえられる範囲で逃す形に。

 

三段坂までは逃げていたけどやはりそこで力尽きていたので吸収、カウンターでまた三段坂の一番下から掛けてみるも流石に逃がしてくれない…

 

二段目で若干踏みやめつつもハイペースで引き続ける。正直自分からロードレースでアタックするなんて今までの自分では考えられないけど、今日はいける気がする、行かないといけないという気持ちになったので、ラストの三段坂で全開アタック。

 

万が一捕まった時の脚を残すとかそんな気持ちを0にして渾身のアタック、寧ろ三段坂の一番上がゴール的な勢いで飛び出してみると後ろは誰も居ない。

 

後からデータを見てみると1000w近く出ているので掛かりは確かに良かった。

 

少しうねったカーブがある所で後ろを見てみると全く見えない。

 

そこからは全開走、エアロポジションになりながら回し続ける。ほんの少しの登り勾配が半端でなくキツく感じる。

 

けど不思議と脚は止まらない。止められないと言った方が正しかったのかも??

 

途中から向かい風が強くなり更に脚はキツくなるも後ろは振り向かずに逃げ続ける。

 

ラスト700mのコーナーを抜けた所で後ろを振り返るもまだ集団は下っている、そこで初めて逃げ切れたと確信。

そこからの700mは一瞬なんだけどとても長くも感じた。まず自分がゴールに単独で入ってくるという経験をした事が無い中で決まった逃げ切り。

 

 

正直めちゃくちゃ嬉しかった。

 

※横の二選手はFカテゴリーの選手

 

雨で寒いとか疲れが吹き飛ぶ感じは凄いなーと改めて。

 

2位にはおんちゃんが入ったと聞いて愛知ワンツー!嶋田先輩も入賞してるし満足。バーローもしっかりと上位に入っているので皆んなで全日本に行ける!凄く嬉しかった。

 

 

この勝利は会場でサポートしてくれた方々や車を運転して連れて来てくださった先輩方などのおかげで、本当に感謝しか無いです。

 

 

会場からは母親が運転してくれて愛知まで帰宅、いつも色々な大会に連れて行ってくれて本当に頭が上がりません。ありがとうございます。

 

 

そして応援してくださっている全ての皆さんに感謝です。

 

 

改めてありがとうございました!!

 

 

次戦はいよいよチームとしての公式戦初戦になりますJBCF修善寺ロードレースE1になります。

 

チームメイトと共に更に活躍して行きたいと思いますので、今後ともYamanakako Cyclisme Formationを宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: 2019年3月13日hidetomorisaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です