AACA 1-1 第2戦

AACA 1-1 第2戦

皆さんこんばんは。

 

大分遅れてしまいましたが、今回はKINANさんが主催している、AACAカップ第2戦に出場して来ました。        レースレポートです。

 

前日に行われた第1戦と打って変わり快晴でしたが、吹っ飛ばされそうになる程の爆風で、とてもハードなレースが予想されました。

 

今回は、自分のしてきたトレーニングがどれだけレースに活かせているかの確認、また今まで取った事のない優勝を勝ち取る事を目標に走りました。

 

 

レースレポート

レースカテゴリー1-1

 

今回は距離が90km弱だったが、往路が爆風という事もあり、かなりエネルギーを消費するだろうと考えしっかり補給も準備。

今までのレースでは、まともに考えて補給をした事が無かった為、普段の練習から補給のタイミング、摂取する物などを変えてみてベストな物を今回のレースで試してみた。

補給の内容は、1時間で一口サイズのおにぎり2つ、これはまだ身体が元気なうちに固形物を取っておきたかった為。

 

そこから30分おきにジェルを補給、常にエネルギーが蓄えられた状態をキープした。

 

レースはスタートからガツガツ動く。かなり単発的なアタックも掛かっていたが3周目に単発的なアタックに対して大きめのブリッジが掛かる。

 

自分はそのタイミングで集団の中盤あたりにいたが、コーチに決まる!と声を掛けてもらったので反応。

 

既に15秒程差が開いてしまっていてが単独でブリッジを掛ける。これ位のタイム差なら単独で追い付ける事は分かっていたので落ち着いて対応。

コーチに声を掛けて貰えてなければ完全に乗り遅れていた…まだまだレースの動きが読めていないので甘い。

 

自分がブリッジをした事によって逃げ集団は18人程に。

後から3人程ブリッジが掛かり、それが最終列車に。21名近くの逃げ集団になり、かなり良いペースで走っている。

 

21名程の中にKINANの選手が入っていたが、あえてドロップしていったように見えた。

KINANの選手が居なくなってからは、集団内でKINANに追いつかれたくないと考える人が多く、どんどんペースは上がっていく。

レース周回が半分を過ぎようとしているタイミングで、自然と上がるペースについて行けない選手がボロボロと千切れ始め、逃げは12人程に。

この時点で逃げとメイン集団のタイム差は2分近く開いており、逃げは決定的に。

 

後ろからはKINANの選手達がトレインを組んで追走してきているのが見えたが、逃げ集団のペースを考えても捕まる事は無さそうなので特に動きは無し。

 

逃げメンバーではベントス、インタープロが2名ずつ入っており、単騎参戦の自分は有利にレースを進めることが出来ないのでなるべく脚を貯める。

逃げのタイム差が2分以上と決定的となるが、逃げ集団のローテーションは止まることは無い。

 

流石にここに残っているメンバーは皆脚が揃っていて強い。この中で勝つにはアタック合戦に耐えてスプリントで勝つしかないと判断。

レースが動いたのは残り4周辺り、インタープロの水野恭兵選手がバックストレート単独でスルッと抜け出す。

 

少し差が開いたところでまたローテが回りだす。ブリッジをしようとする選手はまだ出てこなく、水野さんが逃げ続ける。

向かい風がとても強いホームストレート側で水野さんをキャッチ、振り出しに。

 

残り3周に入った所でベントス、インタープロの2人が飛び出し、そこに津田くんと強い選手が1人ブリッジ。

若干割れたが程なくして吸収、ここら辺りからアタック合戦が激しくなる。

 

バックストレートで水野恭兵さんと津田くんが鋭い抜け出し。かなり差が開いたが後ろも落ち着いてローテーションする。

残り2周のバックストレートで吸収、カウンターで水野貴之さんと津田くんがまたまた飛び出し。(どんだけ逃げるんだよ…)

ラスト1周になりアタックの応酬、吸収されてそんなに休む間も無かったはずだが津田くんアタック…

結論から言うとこのアタックに反応していなかった時点で自分は負けていた。

 

結局最後もがくも津田くんに追いつく事ができず2位、やらかしてしまった。

津田くんのアタックに反応しなかったのも後ろにはスプリンターの人がいるので、追いつく事に使われるのだけは避けたいと躊躇ってしまった。そこが今回の最大の敗因。

 

あのタイミングで自分から仕掛けた津田くんはほんと強かった。

 

優勝おめでとう!

 

 

次こそは自分が、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日: 2018年2月17日hidetomorisaki

AACA 1-1 第2戦” への2件のフィードバック

  1. こんにちは
    24日の昼頃、サイクルトレンドで森崎さんが初めて?講師を務める会の初心者講習を受けたものです。

    春からのご活躍が楽しみです
    レースの情報をチェックしつつ、応援しています!

    1. こんにちは
      サイクルトレンド初心者講習会にご参加頂き誠にありがとうございました。

      まだチーム研修生という立場なので、地道に努力を重ねて行き、レースで活躍出来るように頑張ります!
      応援宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です