マトリックス秋鈴鹿エンデューロ8h 優勝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




こんばんは!

遅れながら先日行われたマトリックス主催、秋の鈴鹿エンデューロ8hの部のレポートです。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

天候は朝方は曇り、午後は晴れ時々曇。路面状況はセミウェット?くらい。

今回の作戦はmkw2チームで1.2フィニッシュすること。(できれば逃げ切りで) この鈴鹿エンデューロは8hと長いので序盤から逃げ切るのはほぼ無理。

最初は招待選手達による集団を小さくするためのペースコントロールが入るので、安定してついて行ける選手に走ってもらう。今回参加するメンバーはほぼ全員が東海地方ホビートップレベルの実力を持っているので、何の問題もなく時間をこなしていく。

自分の役割は自分の順番までに逃げがきまっていなければラストスプリントで、逃げが決まっていれば最後まで逃げ切るというもの。

今までの鈴鹿エンデューロでは、他チームとの力の差が圧倒的にまではない事、脚質がバレているといった点から中々逃げ切りが決まる事は無かった。(去年は自分が最後逃してしまった…)

しかし、今回は2チーム出している事とTTが圧倒的に得意な2人が同タイミングで出走の作戦で、実際に集団から飛び出し独走状態へ。

自分の順番が回ってきてメンバーチェンジ。独走状態なので落ち着いて逃げ続けるが、1チームだけ追いついてきたチームがあった。

こちらは2人でローテーションを回してペースも落としていないはずなのに追いついてくる。相当な脚がある人だとは思ったが、追いつくのに脚を使った事とこちらは2人なので様子見アタック。

320〜340辺りで踏んで行くが中々差が広がらない。もう1人には抑えてもらっていたが、1人で淡々と走るのがめちゃくちゃ速いorz

焦ってかなり無理して踏んでしまい30秒まで開いたタイム差もホームストレートで詰められて吸収される始末…オーマイ。

寒さもあってか脚が攣ってしまい、なんとか次の周回のピットまで逃げてメンバーチェンジ。攣りながら踏むのは本当にきつかった…

自分の次のメンバーが最後ゴールに1番で帰ってきてくれる事を願って応援へ。 いずれにせよ2対1でこちら優勢なのは分かっていたのでうまく走ってくれるだろうと。

結果ゴールスプリントになったが、ギリギリ先着!!

去年、一昨年と負けていた秋鈴鹿。やっと勝ったと思ったら、ホビーレースではあるけど少し嬉し涙が出てしまった…

レース後に強かったチームを見てみると、オリンピック選手やら元アイサンレーシングの方々などといったレベルが違う人達で、そりゃ強い訳だと納得。

______________

自分が自転車を始めて、今の段階まで強くしてくださった方々と走る、おそらく最後の大会でした。

シマノ鈴鹿5ステージ2連覇を始め、各地のレースで結果を残してきたmkw、このチームのおかげで自分は強くなることが出来ました。

これからはもっと強くなって大きな大会で結果を残す事がチームへの恩返しだと考えています。

次のステップを確実にこなしていけるように頑張ります!

応援宜しくお願い致します💪




スポンサーリンク










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。