茂木エンデューロ7h 優勝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




こんにちは。 久しぶりの投稿になりすいません汗

茂木エンデューロ7h

今回は、栃木県ツインリンク茂木で行われた茂木エンデューロ7hの部に出場してきました。

茂木エンデューロといえば、鈴鹿の次に参加人数が多い大会で、全国から強い選手が参加するため、とてもハイレベルなレースが楽しめます。

さて、レース紹介はこの辺りにして本題のレースレポです!

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チーム目標

:5人全員がしっかりとレースに参加すること。

:優勝

個人目標はなるべく逃げること。

展開:

レースは9時にスタート、自分は1走目なのでしっかりとバイクに乗って身体を温める。なかやらがもっていたアップオイルも借りて準備万端!

初めて出るレースで、鈴鹿エンデューロの場合だと、初めは安全確保の為に招待選手がペースを上げてガチ勢とエンジョイ勢を分けていた為、油断せずに前で位置取る。

しかし、意外にもリアルスタート後もそこまでペースは上がらず、アベ40位でコントロールされる。

ただ風は強いので、ジワジワと足が削られ耐えれなくなったチームが脱落していく普通の展開に。

まだスタートして1時間程しか経っていなく、残り6時間もあるため集団で積極的な動きが無い。

余りにもつまらなかったのでペースを上げたら3人付いてくる。逃げる意思を確認して1時間ほど逃げる。

全員エンデューロに出ることが一つの目標だったのでそろそろ交代することに。

逃げメンバー全員が交代し、再び逃げとして走り出す。順調に逃げ続けていたが、チームメイトが逃げから脱落しプロトンへ。

プラトンと逃げ集団のタイムギャップは3分でかなりまずい状態に。そこで足のある人達で全開TT走をし前に追いつく作戦に。

プロトンでは足が残っていない人たちばかりで追い付くのが厳しいと判断。フランスに来年から行く選手と自分で3分のギャップを埋めることに成功。

そのまま追いついて落ち着いたタイミングでまたピット交代、最後まで逃げが確定されたと思ったが2時間エンデューロスタートと同時になんと遅れた7時間の人達が2時間のプロトンに入りどんどん追走してくる展開に!?(いいのか?汗)

フレッシュな人達のみで形成された2時間プロトンのペースは物凄く速く、残り1時間を切ったところで遂に吸収される。

ラストは自分なので少し身体を温め始め、遂に自分の出番。絶対に勝ってきます!と言ったからには勝たないとまずいので、本気で頑張る。

最後のストレート8番手位で、前にアーティファクトレーシングの武井選手、大磯クリテリウムでは負けてるし、E1でも勝てる誰もが知るスプリンターだ。

自分が居た位置は先にスリップから出てしまったがもがき続ける。

最後は横並びになりゴール。今までにないくらいバイクを前に投げて先着した確信があったので右手を上げてガッツポーズ、久しぶりに気持ちよかった!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のレースはかなり機材に助けられたところがあったと思います。スピードを殺さないようにすると早くこなせる登りや、長い下りがあるのでリムハイトの高いホイールを使っている人が物凄く多かった印象です。

自分も1人で前を追走している時にスピードを乗せたタイミングからの巡行がとても楽にできました。

普段はMavicのキシリウムを使っていますが、今回のようなサーキットコースにはコスミックカーボンなどのホイールが合いそうです!

皆さんもサーキットレースなどではバイトの高いホイールを使ってみてはいかがでしょうか??

次は鈴鹿エンデューロのレポートになります!




スポンサーリンク










シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。